WordPressは常に最新にアップデートすべき理由

皆さんはWordPressを最新のバージョンにアップデートしていますか?WordPressの管理画面を開くとアップデートのお知らせが来ていてもスルーしてしまっていないでしょうか?実はWordPressは常に最新にアップデートした方がいいんです!

最新のWordPressのバージョンは2017年3月現在では4.7.3となっています。

セキュリティとバグ修正

WordPressは世界のウェブサイトの2〜3割を動かしています。ということは悪のハッカーのターゲットになりやすいんですね。もちろんWordPressは脆弱性が見つかればすぐにアップデートが配布されます。ですのでアップデートを怠ると脆弱性を放置したままになってしまいます。WordPressはオープンソースなので誰でもソースコードを見ることができるので脆弱性やバグがすぐに見つかるのです。

バージョン名を見ていると4.5.1といった小数点があるのと、単に4.5とだけあるようなものがあります。○.○.○といった細かな数字があるのはマイナーバージョンで、○.○はメジャーバージョンです。マイナーバージョンでは大きな変化はない代わりに細かなバグが修正されています。

新機能

アップデートすると新機能を使うことができます。最近で言えばoEmbedと呼ばれる、WordPressサイトの記事やYoutube動画のURLを記事の投稿で入力すれば自動でブログカードや再生プレイヤーを自動で生成してくれる便利な機能も追加されました。

でも注意点も

以上ではWordPressを最新にアップデートすべき理由を並べましたが、プラグインやテーマがその最新バージョンと互換性がない場合があるのでアップデート前にWordPress丸ごとバックアップをとっておきましょう。

Pocket